新卒はまずここから!社員研修で学ぶこと

マナーは絶対に必要になる

新卒社員が初めにぶつかる壁はマナーであることが多いです。配属された後には言葉遣いから、メールの書き方までマナーが大事になってきます。このマナーがしっかりしていないと、知らず知らずのうちに取引相手に失礼な態度を取ってしまい、仕事が無くなる可能性すらあるのです。そうならないためには社員研修でしっかり学ぶ必要があります。挨拶、言葉遣い、名刺交換、服装などは社会人であれば当たり前のことですが、学生からすれば知らないことばかりなのです。研修期間だけで全てを完璧に学ぶことは難しいかもしれませんが、困ったときに役に立つようなマニュアルがあれば安心できるでしょう。完璧にする必要はないので、全てを教えておくことが大事です。

企業文化を学ぶことが重要

新人にとって理解しがたいものの一つに企業文化というものがあります。企業によって風習や文化があるので、それらを少し教えておくと良いでしょう。飲み会が多い会社、スポーツが盛んな会社、私語がない会社など会社にとっては当たり前でも、新人からすれば異文化なのです。配属されてから戸惑わないように企業文化を社員研修で教えておくことは大事です。また、実際にどのような文化なのかを体験させると、より理解度が深まります。飲み会が多い会社であれば実際に飲み会を開いて、どのように対処するといいかを教えます。先輩との付き合い方も文化によって変わってくるので、先輩を呼んでどうすればうまく馴染めるかを話してもらうのもいいかもしれません。