企業風土にあったカリキュラム!専門的な知識の研修

専門的な知識の研修にぴったりのカリキュラム

社員研修を通じて一人ひとりの社員に専門的な知識を身につけさせるためには、実務経験や能力に応じたカリキュラムを組むことが大切です。特に、専門職のための研修を段階的に行うにあたっては、将来的にスキルアップがしやすいよう心がける必要があります。例えば、営業や経理、事務などの社員研修の効果を高めるにあたっては、日頃から業務に関わる検定試験のサポートが行ったり、上司や先輩によるサポート体制を整えたりすることが効果的です。また、時には各業界内で活躍をしている外部の講師に各企業の経営方針や事業の内容に合った社員研修のカリキュラムを一緒に考えてもらうことによって、より多くの従業員のやる気を高めることもできます。

社員研修の効果を高めるポイント

社員研修の効果を高めるために、人事担当者が率先して一人ひとりの社員の職場での業務の取り組み方や成績などを確認することが重要です。また、社員研修の際に選ぶべきテーマについては、人事担当者だけでは決めにくいこともあるため、それぞれの部署の管理職にも相談をすることがおすすめです。社員研修の効果を左右するものとしては、研修の際に用いる教材や担当者の指導経験などがありますが、できるだけ日々の仕事の内容に関わる知識の習得をメインに研修の計画を立てることがポイントです。なお、社員研修の感想について、実際に研修を受けたことのある社員から定期的にヒアリングを行うことで、より良い研修の方法を検討することも可能です。